2016年03月28日

指導教官が求めたことE

【2014年5月10日】
 同じ日の私からの返信です。
IS先生

私の言わんとしていることが理解されていないように思います。

私は先生(方)のもっておられる歴史認識の枠組みが間違っていると思っています。
戦後の歴史学は、その間違った枠組みの中で増殖を続けているだけでしたがってその中にどっぷり浸かって議論するのは時間の無駄だとも考えています。

『歴史的調査』一つを例に取っても私は、自分たちが「植民地主義を肯定する立場から書かれたもの」で、「思想的にバイヤスのかかったもの」と規定してきたものが、実は貿易立国を実現するために尽力した人々によって書かれ、しかもその背景には湛山がいて、その小日本主義をいかに実現しようとしてきたかについて述べたものであることを知った後にも何の違和感・危機感も感じないでいられる、そのような感性に半ばあきれ果ててもいます。
日本資本主義論争にしてもその影響を論ずるより、猪間の書いた日本資本主義発達史をじっくり読んでみることのほうが大事という発想にはならないのでしょうか。
(……)
日本資本主義論争は、矮小な人々が行っただけでなく、矮小な内容だったから価値がないのだと思います。湛山も猪間も加わらなかった論争です。
(……)
日本資本主義論争に限らず、先生の挙げられている研究者たちは経済発展をどこかでセーブしなければならないものと考えている点で限界があると思います。
湛山も猪間も上田も亀吉もそんなふうには考えてなかったこと、しかしそのことを研究者の誰一人として認識していないのは不思議な現象ともいえます。
上田グループの人口問題研究や国際会議における活動が見逃されているところ、というより今日的にも重要なその意義をいまだに理解できないでいるところにもそれがよく表われていると思います。
(……)

posted by wada at 17:11 | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック