2016年03月25日

ご報告A

3.アカデミック・ハラスメントの報告
 私がこの大学院で指導教官より受けたアカデミック・ハラスメントの報告書をまとめ、大学当局に提出しました。それがどのように起こり、どれほどつらいものであったかを伝えるために、残っていたメールや添付ファイル等を用いて状況の再構築につとめたものです。
 報告書は20数ページに及ぶもので、これを少しずつブログに載せていくことも考えていますが、ここではとりあえず、その中に用いた指導教官の矛盾だらけの「主張」をいくつか公開することにしました。私からの反論も交えています。
 シリーズのタイトルは「指導教官が求めたこと」とします。
posted by wada at 11:59 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック