2015年10月16日

「果して帝国主義戦争か」

 石橋湛山が、日本が国際連盟からの脱退を声明した直後する直前に書いた「社説」に、びっくりさせられるものがありました。「果して帝国主義戦争か」(1933年3月4日号)というのがそれです。
 日支紛争、それから引続いての我国と国際連盟との衝突が、社会的に或は歴史的に、我国に取って何を意味するかを考究し、確(し)かと之を理解することは、単に理論家の遊戯としてでなく、此際我国民が此問題を処理する実行の上に最も肝要な用意である。
 之に就て予てから一の鋭き評論を試みつつあるは左翼理論家の一群であろう。彼等は一般に此事件を、彼等の所謂帝国主義戦争と見るのである。然るに私の察する所に依れば、此事件を所謂帝国主義戦争なりと解する者は、必ずしも左翼理論家ばかりではない。政治家、資本家、企業家、乃至一般大衆の多くも、亦無批判的に同様に考えている観がある。何となれば彼等は、此事件を甚だ単純に、日清日露戦役以来の我国の大陸政策の引続きに過ぎずと解釈し、そこに何等の特異性を認めぬからである。果して此事件が左様に単純の性質のものであれば、私は寧ろ其処理の容易なるを楽観する。併し事実は果して何うか。
 云う所の帝国主義とは、左翼理論家が経典の一とせるレーニンの著『資本主義の最後の段階としての帝国主義』に依れば、五個の重要なる特徴を持っている。即ち(……)
 ここで湛山は、帝国主義の五つの特徴について解説し日本がそれに当てはまらないといっているのですが、長くなるので省略します。
 此事件は、単に連盟を脱退し、熱河を討伐し、満州国を建設する等の事で終るものでないことは明かだ。真の問題は、斯様の国外の事にあるのではなくして、国内に存するのである。国内の政治を改め、経済制度を変える。而して所謂王道国家なる抽象的名称に依って表示せらるる理想を、満州国にでなく、我国内に於て実現する。之が前年以来の事件の底を流るる漠然たれども、強烈なる希望ないし思想である。而して思うに此の希望に相当満足が与えらるる見込みのつかぬ限り、現に発展しつつある事件も容易に片付かず、或は一応片付いた所が、真の安定は得られないであろう。私はここに我時局は帝国主義戦争の現れと見る場合以上の困難を伴っていると考えるのである。
 さて然らば何うしたら善いか。難局ではあるが処理の方法は無くはない。一言にすれば、国内の政治及経済に改造を施す事である。それは過激な論者の主張するごとき急進的なるを必ずしも要せぬ。今日政界及経済界等に支配的位地を占むる者が、時潮に省み、改造の決心を固め、秩序的に為し得る所から実行に着手するの誠意あらば、解決は寧ろ意外に容易なるを感ずる。
 「西洋文明模倣から独創時代への波瀾」(1934年7月8日号)では、明治維新以来の日本経済を以下のように時代区分しています。
 第一期 明治初年より日露戦役まで:西洋文明輸入に依る産業革命時代
 第二期 日露戦役より昭和6年まで:西洋文明模倣から独創時代に入らんとする煩悶時代
 第三期 昭和7年以後:金輸出再禁止を契機として展開せる独創時代
 日本は、リフレーション政策によって危機を脱しただけでなく、いよいよ独創時代に突入したというのです。
 それは、どのようなイメージかというと、戦後になって書いた「私の見た大河内博士の功績:いわゆる科学主義工業の主張」に端的に示されています(すでに2年前にも引用していますが)。
 昭和6年12月内閣が更迭し、高橋是清大蔵大臣の下に金の輸出再禁止が行われるや、我国の産業界は俄然活況を呈した。ことに多年半死半生の有様にあった重化学工業界は、目ざましき発展を示した。同時に卓越せる産業指導者がくつわをならべて現れた。その中でも、いわゆる理研コンツェルンの総帥とし華々しく登場した大河内博士は、日本窒素の野口遊、昭和電工の森矗昶、日本産業の鮎川義介の三氏と合せて、私はこれを産業界の四傑と称し、特に推奨したしだいであった。(……)その四氏が時を同じくしてそれぞれの分野に活躍した有様はおそらくわが産業界空前の偉観であったと思う。
 十五年戦争ということばを安易に使っている人たちには、湛山のこの主張をかみしめてほしいです。
posted by wada at 19:17 | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック