2015年11月21日

『経友』から新たな事実5

 大内兵衛の書いた「糸井君を憶う」に関して気になっていることは、大内が、終戦直後に上梓した『旧師旧友』(岩波書店、1948年)に、「彼のこと――糸井君を憶う――」として収録したこの追悼文は、内容は同じでも、文章はあちこち手が入れられていること、にもかかわらず、擱筆した日付だけは「大正13.12.24」とそのまま残されていることです。しかも、私が『経友』を新聞と思い込み、1924年12月24日号を探そうとした理由でもあるのですが、『経友』第6号の出版は、翌1925年の3月であるのに、その情報は、追悼文にも、『旧師旧友』にも載っていないのです。
 なぜこんなことをしたのかということですが、一つには、糸井が亡くなった直後に書いたものであることを強調しようとする意図があったことが考えられます。つまり、自分は、糸井の唯一無二の親友であり、心から糸井のことを思っていたのであり、だからこそ誰よりも早く追悼文を書くことができたのだということを示そうとしたのではないか、と。
 あるいは、もっとしたたかに、人々が真実はどうだったのか探ろうとする前に、死人に口なしということになった今、早く公式見解として定着させたいという狙いがあったのかもしれません。
 さらに一つ、猪間東大追放事件との関連で、思い切った推論を書いておくと、この日付が、東大追放が決まる直前のものであることからして、自分が直接的な関係者ではないことを示そうとするものではなかったかということです。
 ただここで、穿った見方をするなら、真相はそれらの逆だったのではないかということです。
 当時の大内には、二つ隠したいことがあったと思われます。
 その一つが、糸井が亡くなる前の1年間の没交渉、もう一つが、森戸事件の公判で、教授職に復帰するために、自らの罪を認めたことです。
 糸井が亡くなる前の空白の1年ですが、私は、大内と糸井がフランスを旅した後(1923年8月頃)、二人は仲違いしたのではないかと考えています。その結果、大内は、糸井が体の不調を訴えていたにもかかわらず、ドイツに戻って糸井を見舞うことをせず、イギリスにとどまることもせず、アメリカに向かい、それも、到着して間もなく、日本で関東大震災が起こったというニュースを聞くと、直ちに帰国するわけです。
 糸井はその後、危篤と小康状態をくり返しているのですから、当地を訪ねることはかなわなくても、手紙を書いたり、ベルリンにいた向坂逸郎に見舞いを頼んだり、できることはあったはずです。ところが、けっきょく大学関係者で見舞いに訪れたのは、河合栄治郎だけだったのです。大内は、糸井を見捨てたも同然だったのです。
 何がこれほど決定的な別れをもたらしたのか。ここでもう一つ大胆な推論を行うと、その原因となったものは、森戸事件における大内の日和見主義的な態度にあったのではないかということです。糸井は、教授会による両助教授休職処分決定に憤り、一度は自らも大学を辞めようとしており、森戸・大内の公判に通いつめ、最後は二人を迎えにまで行っています。大学への復帰に執着している大内の態度に、煮え切らないものを感じていたとしてもおかしくありません。
 追悼文には、この事件の際、糸井の態度が立派であったと書かれているのですが、そこには、「森戸事件」ということばはありません。そうでなくとも、人々の記憶にいまだ鮮やかな事件をわざわざ掘り起こしたくないという気持ちがあったのでしょうか。一方、戦後に書き直したものには、はっきり「森戸事件」と記載されています。このときGHQ占領下、この事件が、国家権力による学問の自由の弾圧事件であり、森戸と大内はあくまでそれに抗して裁判闘争をたたかったというとらえ方が定着しつつあったためであることも十分に考えられます。

 以上、記事としてかなりまとまりの悪いもので申し訳ありません。『経友』からわかった事実というのもほとんどなくて、推論ばかりですね。ただ、大内の批判はこれまでほとんどなされてこなかったし、これからあまり時間もなさそうなので、今、私がもっている疑念をメモにだけでもしておこうと思って書いてみました。

posted by wada at 18:01 | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

『経友』から新たな事実4

 猪間の「糸井先生の思出」にある『経友』は、どのような誌面に仕上がっていたのか、今回はそのことについて書きます。
 「『経友』の雑誌委員として、先生と私はいつも一所だった」のは、第2号の編集のときですね。
 誰も書いてくれない原稿を、「あっちこっち友達に頭を下げて頼み回り、河津先生には、論文と雑録と二つもお願いした」のに足りず、「自分も二つ三つ書いた」のに、「どうしても頁が足りない」。そこで、「糸井先生、よし俺が引受けてやろうと云って、たった一晩の中に、ポアンカレの「空間の相対性」と云う難しい20頁からの論文を翻訳して来て下さった」のです。
 これを一つ一つ確認していきます。なお、このときの経友会雑誌部の委員は、教師2人(河津暹・糸井靖之)、学生6人(3年生:稲垣善次郎・向坂逸郎、2年生:田中省三郎・猪間、1年生:野村恵一郎・景山準吉)。
 論文を寄稿してくれた先生は、山崎覚次郎(アダムスミス遺愛の書)、河津暹(経済学研究資料としての新聞記事)。河津先生は委員でもあったのですから当然といえば当然です。時友文之助(英国経済史上に於けるノルマン征服の影響)は猪間と同期生。田中三吉(講義に抗議)は、よくわからない人物ですが、15年前、ウェブ夫妻が来日したときの話など書いているので猪間でないことは確かですね。
 そして、糸井が「無名氏」というペンネーム(これは、猪間がつけたものかもしれませんね)で訳出したのが、ポアンカレの「空間の相対性」(もし糸井について調べておられる方がおられれば、彼の残した貴重な「もう1編」です)。
 となると、猪間が書いたのは何かという話になるのですが、可能性として残っているのが、「一路生」というペンネームで書かれた「おみよの死」という短編小説、猪間は文芸作品まで書いていたということです。歯切れのいい会話文と、「そうして世の中は馬鹿景気で物価がむやみとあがり貨幣の購買力はずんずん減って了った。貯金の利子も下がるばかりである」というようなくだりに、猪間らしさがあるといえばあるのですが……。1月8日に擱筆しているので、かなり早くから準備していたことになります。この後に、ゴーリキーの翻訳が続きますが、これも猪間ではありませんね。
 もう一つ、「茶目吉」というペンネームで、ほんの数行ですが、「口癖しらべ」という記事も書いていて、先生方をからかっているのが面白いので、機会があったら載せます。
 猪間は、最後に次のような編集後記とおぼしきものをつづっています。
 漸く校正を了えました。もう出来上って来るのを待つばかり。任を果したのを衷心喜ぶと共に、また一種の満足の哀愁を感ぜずにはいられません。
 ただ、我等委員鈍根にして十分に諸君の意に副い得なかったのは申訳ありません。来年度には希くは更に有能なる委員を迎えて本誌の発展を見たいものです。
 終りに諸先生及学友諸兄の健康を祈ります。さようなら。
 ――委員の一人――
 これを書いた後、糸井が食事を奢って、いろんな話をして慰労してくれたのですね。

 第3号の編集のとき、糸井はすでに留学に出発しているのですが、ここに一編、興味深い翻訳が掲載されています。「アダムスミスからスタンレイジェボンスまで」というのがそれで、「隘徑生」のペンネームで書かれています。
 「演習の報告の為文献を渉猟中1892年のシュモラー年報の中にヴェー、ポエーメルトの「ウィリアム、スタンレイ、ジェボンスと其の英国経済学上に於ける地位」と云う論文に出会し」、その第1章を訳述したものですが、「演習報告」というところで、河合栄治郎のゼミで、猪間の研究題目が、「スタンレイ、ジェボンスに就て」であったことも確認でき、これが猪間のものであることは間違いないでしょう。
 ところでこの翻訳は、糸井のまねをしたのではないでしょうか。少なくとも小説よりは得意そうですし。なお、河合のゼミには、内海丁三の名前も見えています。
 奥付のところに、猪間の編集後記様のものがあります。
 ◇プライス先生がなくなられて1週間経たないうちに、我々はまた雑誌部委員なりし田中省三郎君を失いました。(……)
 ◇委員怠慢で諸君のご希望に十分副う様なものを作り得なかった事は深く謝します。殊にこの様な雑誌の中心たるべき雑報欄が余り振わなかったのは遺憾ですが、投稿して下さった方が割合多かったのは喜ばしい事でした。志方君の『工場生活』の如きは特に感謝に値すると存じます。今後斯様な観察や其他紀行の様なものが盛に投稿される様にと希望します。(……)
 ◇これで、兎も角委員の任務を果しました。在任中諸君の御厚意を深く感謝致します。来年は私ももう学校には居りません――でしょう。2ヶ年間関係した『経友』に離れるには、矢張り一種の感慨無きを得ません。本誌の末永き発展を祈りつつ擱筆致します。
 ――大正10年12月12日――
 同じ大変な編集をするのでも、糸井のような人物がそばにいるのといないのとでは違った思いがあったようです。
posted by wada at 13:13 | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

『経友』から新たな事実3

 有沢広巳が『経友』第6号に発表した「糸井先生と私」という追悼文は、基本的には、糸井靖之のどこかに憂鬱の影がつきまとっていたことに自分だけが気づいていたこと、その憂鬱は、森戸事件に際して現れたような、大学のあり方を問う深い憂鬱だったというようなことを書いたものですが、その中に、猪間の東大追放に関連して意図的に書かれているのではないかと思われる部分があるので書き出しておきます。
 それにしても、統計の演習に就ては、先生はもっとも熱心にまた根気よく、恰も魂を打ち込んでかかっている風にみうけられた。元気でもあった。動もすると過多の材料に材料まけして、持ちあぐみがちに滅入り込んでいる私達6人の演習参加者を勇気づけてくれるものは、常に先生であった。(……)
 春に入ると共に私達の演習も終りを告げた。だが演習を通じて先生と私達との間に結ばれた交りは、最早演習と共に終りを告ぐるには余りに深入りしすぎていたものとみえて、私たちは再び先生を中心として名もなき研究会といったものを拵えた。互に熟読した書物とか論文とかを隔週に皆が集っては、紹介及び批評し合うことになっていた。先ず先生が最初にフィッシャーの物価指数の議論を紹介及び批評せられた。これからの経済学上の仕事は完全なる物価指数作成法の発見にあると、よく話していられたから、先生のこの方面に於ける研究は先生にとって相当の点まで進んでいたことと思われる。フィッシャーに就いての批評にしても、難しい数学の分りっこのない私達にも十分に納得のゆくほど鮮かなものであった。先生の物の考え方にも事物の急所をしっかりと掴んでいる力強さがあった。
 これが書かれたのは1925年初めのことであり、「紹介と批評」ということばが反復されて、この背景にあるもの、つまり有沢による猪間驥一東大追放事件を知るものにとっては、1年前の1924年2月、『経済学論集』に発表された猪間の「物価指数の理論及実際―Fisher教授著の紹介、批評並に我国に於ける物価指数調査の実状―」を思い起こさせるに十分なものがあります。
 さらにこの追悼文と戦後に同じ時期のことを書いたエッセーとを注意深く比較してみると、興味深い事実に行き当たります。
 先生の発案で、われわれ6人の学生と一緒に、先生が出発されるまでの間、読書会をやろうということになった。(……)そして先生は、ミッチェルの『ビジネス・サイクルス』とかツガン・バラノヴスキーの『イギリス恐慌史論』とか、アーヴィング・フィッシャーの『貨幣の購買力』などをあげて、それぞれ各自で分担して、それを読んで報告することにきまった。
 つまり、追悼文では、フィッシャーの名前しか登場しなかったものが、戦後のエッセーでは、他の二人の書物の後ろに回され、しかもフィッシャーの物価指数の議論であったはずのものが、『貨幣の購買力』("The Purchasing Power of Money", 1911)の話になっているのです。
 フィッシャーが物価指数を論じた有名な著書は、猪間が取り上げた『物価指数の作成』("The Making of Index Numbers", 1922)ですから、これってひょっとして、有沢が、この二つの書物を取り違えたってことではないでしょうか。
 糸井が6人の学生たちと勉強会を開いていたのは、1921年の4月頃のことです。フィッシャーはまだ『物価指数の作成』を発表していなかったのです。したがって、「フィッシャーの物価指数の議論を紹介及び批評せられ」るようなことはできるはずがないのです。
 有沢は、1924年12月の猪間追放の時点でも、この追悼文を書いた時点でも、そのことに気づかず、その後、早い時期に誰かに指摘されて、戦後になってエッセーを書くとき、巧妙にこの二冊を差し替えたことが考えられます。
 おそらく猪間追放の根拠とされたものは、猪間の盗作疑惑でしょう(追記:ただし糸井は論文は発表していません)。しかしその疑惑は冤罪も冤罪、成立不可能なものだったのです。
 しかも、猪間の論文は、1924年2月に発表されていたものなのです。もし疑わしいのであれば、このとき糸井に問い合わせてみることは十分にできたはずなのです。直接、猪間に詰問することだってできたでしょうし、それができないのであれば、いつものように大内兵衛に訴えることだってできたのです。どう考えても、糸井の近い将来の死を待ち、死人に口なしという状態になって、一気に猪間の追い落としを図ったとしか思えないのです。
 そのたくらみが露見したことをもって、河合栄治郎たちが、大内グループが「しくじった」といっているのだとしたら、とてもよくつじつまが合います。
posted by wada at 20:33 | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『経友』から新たな事実2

 最後の第6号のことから先に書きます。
 冒頭に大内兵衛の撮影になる故糸井靖之の写真が掲げられています。1923年8月とありますから、大内が糸井と別れる直前のものだということがわかります。
 『経友』による追悼文の後に、「糸井助教授を悼む」として、ゆかりの人々からのコメント・エッセーが並んでいます。驚いたのは、大内や有沢に混じって、猪間驥一が寄稿していたことです。その文面から、1925年1月後半から2月初めの間に書かれたことが確認できるので、東大を追放された後ということになります。編集責任者が土方成美であったことから(猪間は最終的には土方のゼミに入っていた)、こういうことが可能であったのかもしれません。
 『経友』第6号(1925年3月1日)
 「糸井助教授を悼む」
 糸井君に就て   山崎覚次郎
 嗚呼糸井助教授  河津暹
 糸井君を悼む  矢内原忠雄
 糸井君を憶う  大内兵衛
 糸井さんの綽名 佐々木道雄
 糸井先生と私  有沢広巳
 糸井先生の思出 猪間生
 もう一つ驚いたのは、猪間の「糸井先生の思出」には、猪間が戦後に書いたと思っていた糸井の思い出のすべてがすでにここに書かれていたことでした。つまり、糸井の死から1ヵ月余りの、まだ生々しい記憶が残っている時期に、それらが書かれていたということです。
 『経友』は痛みが激しい資料で、コピーが許されておらず、この文章はすべて手で書き写してきたのですが、大半が今まで紹介してきたエッセーに含まれるものですから、前3分の1(桜の葉っぱの話とか演習で最後まで残った6人が優をもらった話とか)を省略して、同じことでも、ややニュアンスの異なった後の3分の2を写しておきます。
 演習でしょっ中顔を合せた外、「経友」の雑誌委員として、先生と私はいつも一所だった。雑誌の原稿など云うものは、委員がいくら熱心になったって、なかなか誰も書いて呉れるものじゃない。あっちこっち友達に頭を下げて頼み回り、河津先生には、論文と雑録と二つもお願いした。自分も二つ三つ書いた。併し、どうしても頁が足りない。弱っていると、糸井先生、よし俺が引受けてやろうと云って、たった一晩の中に、ポアンカレの「空間の相対性」と云う難しい20頁からの論文を翻訳して来て下さった。喜ぶと共に、私は先生のいろんな「力」に驚かざるを得なかった。雑誌の編集が終った日。――それは、4年前の、丁度今日此の頃だったろう。曇った寒い寒い日だった――先生は「御苦労だったね、今日は慰労に一つ奢ろう、」と云って、青木堂まで私を引張り出して、紅茶を啜りながら、2,3時間もレクられた。それから、学校へ引返して来て、研究室の建物と、図書館との間の、霜に凍えた道をザラザラ何度か往復しながら、なお、語り続けた。そのうちに、私は斯う先生に訊ねた。
 「一体商品学なんて学問になるんですか?」
 その時の先生の答えを、私は今も忘れる事が出来ない。
 「そりゃあ君、一つ一つの商品の性質を調べてなど行ったら、人間業で知り悉せるもんじゃない。ただ、あらゆる商品を欲望の客観化されたもの、と見る時何等かの統一的見地が出来ようかってものさ。而も、その客観化は数量的表現を得るんだからね。ここに於てか、僕は先ず統計学をやったって訳さ。」
 其の後も、「君、人間は劣等感覚を共にする程親しいんだよ、尤も之は僕の説ではないがね」と云っては、幾度か青木堂を奢られ、幾度か食卓に招かれた。その度に話して聞かされる事は、何故人間は腹が減った時腹が立つかとか、何故物価調節問題は貴族院で喧しくて参議院で左程ではないかとか、博打は如何なる原理に立つかとか、とても、外の人からは聞く事の出来ない鋭い観察であった。
 併し、先生に親しく接した期間は、極めて極めて短かかった――ほんとにそれは半年を僅かに越すだけである。演習は10月に始まって。翌年の6月の初めには、先生はもう留学の途上に上られたのだから。
 留学の途に就かれる先生の胸は、どのような学問的野心に満たされていた事であろう。「僕の様な考え方をしてる商品学の研究者も、独逸に一人はいるらしい」と云って居られた、「君等、しっかり勉強しといて呉れ給え。僕、帰って来たら大いにやるよ。今の学会の悪風潮を一掃して呉れるから、なあ、君等その時には片腕になって働いて呉れ。」と我々を顧みられた。
 雄志、遂に伸ぶるの日無く、異域の煙となられた先生を思うと、黙然たらざるを得ない。そして、ただ、その度の楽しかりし記憶の外には、俤を偲ぶるよすがも無いのを悲しく思う。
 東大を追われて間もない、石橋湛山に迎えられ、東洋経済新報社で、新入社員向け統計学講義を行っている傍らで、この文章は書かれたのですね。感慨深いものがあります。
posted by wada at 20:17 | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『経友』から新たな事実1

◆近況のご報告
 先月末、博士論文を書いて提出するところまで行きました(受持ちの先生には提出の方法を教えてもらえないし、事務室では自分たちには教えられないといわれるし、これはこれでたいへんでした)。
 まだこれからどうなるのか皆目見当がつかないのですが、審査の先生が前とは変わり、希望していた先生に外部審査委員として加わっていただけることになって、もうそれだけで猪間驥一の研究をやってきたかいがあったと思っています。
 いつもでしたら、書いたもののチェックなどするのですが(今回も、山室信一の書いた論文に『日本人の海外活動に関する歴史的調査』に言及しているを見つけ、追加できればと思って原稿だけは書きました)、この空いた時間を利用して、猪間が雑誌委員を務めていたという『経友』を見てきたいという思いがむくむくと頭をもたげてきました。そこで――
◆『経友』を見るため東大へ
 ついに、東大経済学部資料室で、猪間驥一の編集になる『経友』の第1号から第6号までを見てきました。私はどこかで、これを「新聞」と書いたと思うのですが、年1回発行の「雑誌」でした。猪間は、2年間、雑誌委員を務め、第2号・第3号の編集をほぼ一人で担っています。
 【初期の『経友』の発行日】
 創刊号:1920年5月25日(責任者:河津暹)
 第2号:1921年2月8日(責任者:糸井靖之)…猪間
 第3号:1921年12月17日(責任者:本位田祥男)…猪間
 第4号:1923年2月15日(責任者:本位田祥男)
 第5号:1924年3月25日(責任者:土方成美)
 第6号:1925年3月1日(責任者:土方成美)
 この雑誌から驚くべき事実がいろいろ判明しました。その一つが第6号の「糸井助教授を悼む」に、大内兵衛や有沢広巳に混じって、東大を追放された猪間が寄稿していたことです。そしてもう一つが、有沢がどのような口実でもって猪間を東大から追放したのか、ほぼ特定できたことです。これから何回かにわたってそれを書いていきます。
◆東京帝大経済学部の学科課程
 書類上では、次のように書かれています。
 1919年度:
 秋学期:9月11日〜1月31日
 春学期:2月1日〜7月10日
 1920年度以降:
 夏学期:4月1日〜10月15日
 冬学期:10月16日〜翌年3月31日
 しかし猪間の学年は実際には次のようになっていたことが確認できました。つまり2学年は1年を半年に短縮して調整していたのですね。
 1学年(1919年9月〜1920年7月)
 2学年(1920年9月〜1921年3月)
 3学年(1921年4月〜1922年3月)
posted by wada at 20:02 | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする